補助金副業支援協会【補助金受け取り説明会】

補助金副業支援協会は補助金受け取り説明会を通して、適切な補助金や助成金の情報を提供していきます

「生産性向上」に持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)を活用しよう

持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)の公募スケジュールが更新されました。

f:id:hojokinSBS:20210921192921p:plain

最新版のリーフレットはこちらです

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf?0921

 

 

コロナ禍の中、苦境に立たされる中小企業が生き残っていくためには、
「生産性向上」に取り組むことが重要とし、

生産性革命推進事業として

「ものづくり補助金

「持続化補助金

「IT導入補助金

この3つの補助事業については、「通常枠」に加え、
社会経済の変化に対応したビジネスモデルへの転換に向けた中小企業等の取組を支援するため、

「低感染リスク型ビジネス枠」を創設されています。

 

ものづくり補助金
新製品・サービス・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援
【通常枠】 補助上限:1,000万円 補助率中小1/2、小規模2/3
【低感染リスク型ビジネス枠】補助上限:1,000万円 補助率:2/3
持続化補助金
小規模事業者が経営計画を作成して取り組む販路開拓等の取組を支援
【通常枠】補助上限:50万円 補助率:2/3
【低感染リスク型ビジネス枠】補助上限:100万円 補助率:3/4
IT導入補助金
ITツール導入による業務効率化等を支援
【通常枠】補助上限:30~450万円 補助率:1/2
【低感染リスク型ビジネス枠】補助上限:30~450万円 補助率:2/3

ご覧の通り、通常枠よりも補助上限や補助率が高くなっています。

 

 

生産性とは?

生産性は、投入資源に対して、どれだけの付加価値が得られたかを示す指標です。

生産性を高めるには、
(1)提供するサービスの価値を高める
(2)業務を効率化しコストを削減する
のいずれか、またはその両方を実現させることが必要です。

 

生産性を高めるIT化

生産性向上には様々な取組方法がありますが、
商品やサービスの利益を上げる(売り上げを上げる、コストを下げる)ために必要な取り組みの1つがIT化です。


業界特有のアナログ業務が残っている、という話もよく聞きます。
パソコン上でも、繰り返し同じ業務をやっているのであれば、
今は、ITがその業務を代わりに代行してくれるようになっています。

 

IT導入補助金を検討してみてください

IT化には費用がかかります。

IT導入補助金
(ITツール導入による業務効率化等を支援)
を活用すれば、
【通常枠】補助上限:30~450万円 補助率:1/2
【低感染リスク型ビジネス枠】補助上限:30~450万円 補助率:2/3

という補助を受けることができます。

 

詳細は、下記中小企業基盤整備機構ポータルサイトからご確認ください。

【コロナに負けない会社づくり】経営計画は必要?作成後の留意点

  • 経営計画は必要?
  • 経営計画作成のメリット
  • 計画実行の留意点
  • 1、重要業績評価指標を設定
  • 2、pdcaサイクルの徹底

 

経営計画は必要?

経営者の方からいくつか質問が寄せられています

 

 「未来なんてわからないのに定格をつくっても効果あるんですか?」

 「単なる数字当ての計画を作っても意味があるように思えない」

 「部下に公開する必要ってあるんでしょうか?」

 「どれも経営計画が必要なのか?」

 

という質問がありました

 

Q 未来のことなど分からないのに計画を作っても効果があるのか

という質問です

A 単刀直入に言えばわからないからこそ作るべきものです

 

Q 次に単なる数字合わせの計画を作っても意味があるのかという質問です

A 大前提として経営計画は単なる数字合わせではなく戦略の数値化であるということです

 

予算や計画となるとどうしても数字を作ることが

目的となってしまうのですが

最も重要なのは戦略を数値に落とし込むという作業を通して

戦略を数値化することにあります

 

もちろん不確実な未来を数値化してもその通りにいかないのは当然です

実際顧問先に計画を立ててもらっても

その通りにいったケースは一つもありません

だからといって作らなくてもいいというものではありません

 

むしろ経営計画を実行してみて

計画通りにいかなかった原因を仮説検証という作業を通して

計画の精度を高めていくプロセスを踏むことが重要なのです

 

なんでもそうだと思いますが、自分が考えた通りに

物事が運ぶことはありません

 

むしろ想定外の方向に進むことが多いはずです

でも問題にぶつかったとき

当初想定していたこととのズレを見つけ出し仮説検証を行えば

解決の糸口を見つけやすくなります

 

つまり計画を作っても意味がないと言っている経営者の多くは

つくりっぱなしにしたために現実と大きく乖離してしまったのです

 

最後に

部下に公開する必要があるのかというご質問ですが

 

実際に計画を遂行するのは部下ですよね

もし部下だ戦略や計画を知らなければどうなるでしょうか

 

おそらく好き勝手な行動を始めるはずです

そうなると組織の統率が取れなくなり

生産性も低下してしまいます

 

組織が同じ方向に向かって走るには戦略が

共有されていなければならないのです

 

続きを読む

生産性革命推進事業とは?

生産性革命推進事業とは

中小企業・小規模事業者の制度変更への対応や生産性向上の取組状況に応じて、

設備投資、IT導入、販路開拓等の支援を一体的かつ機動的に実施し、

複数年にわたって中小企業・小規模事業者の生産性向上を継続的に支援するものです。

 

感染対策と経済活動の両立に資する設備導入や

販路開拓への投資、テレワーク等に対応したITツールの導入等を推進するものです。

 

コロナ禍における新設

生産性革命推進事業において

「ものづくり補助金

「持続化補助金

「IT導入補助金

の3つの補助事業については、 「通常枠」に加え、

社会経済の変化に対応したビジネスモデルへの転換に向けた

中小企業等の取組を支援するため、「低感染リスク型ビジネス枠」が創設されました。

f:id:hojokinSBS:20210828121600p:plain

 

各補助事業の公募スケジュール

f:id:hojokinSBS:20210828121604p:plain

 

パンフレットが公開されています

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ 経済産業省

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf?0824

 

詳しくは経済産業省

新型コロナウイルス感染症関連ページをご確認ください

www.meti.go.jp